本のやしろのなかへ

本や漫画小説を読んでいくブログです。伝統文化や興味のある分野の発信も随時行います!よろしくお願いします。

【小説】孤笛のかなた(あらすじ・感想)上橋菜穂子

f:id:chckncock:20171213142634j:image

心の底にある風景

それが紡ぎ出す物語

今ここに始まる!!!

 

✴︎おススメ小説(上橋菜穂子さんの小説)✴︎

    獣の奏者・孤笛のかなた・守り人シリーズ

 

上橋菜穂子(うえはし なほこ)さんの小説*

小説家上橋菜穂子さんの〟孤笛のかなた(野間児童文芸賞)〝を今回読んでみました!!(*´°`*)

上橋菜穂子さんの小説からは、懐かしく清々しい朝の光のような空気が流れてきます。その上橋菜穂子さんの小説は私たちを、物語の世界へ誘ってくださいます。

 

 

 

 

*本書を読み進めて*

本書のあとがき・解説までいっきに読み進めてしまいました!!(´,,•ω•,,`)宮部みゆきさんもあとがきに登場され、独自の言葉でこの物語のことを綴られています。解説では、新たな物語が紡ぎ出されています。

ぜひ皆さんにも、この孤笛のかなたを読んでいただけたらと思います。

 

 *これから読もうと思う本*

精霊の守り人上橋菜穂子)・だれも知らない小さな国佐藤さとる)・指輪物語ハリーポッター・ダレンシャン・ゲド戦記・空色の勾玉・木かげの家の小人(いぬいとみこ)・