本のやしろのなかへ

本や漫画小説を読んでいくブログです。伝統文化や興味のある分野の発信も随時行います!よろしくお願いします。

【考察】占いってなんだろう①

古代から続いている占い。

その占いってなんだろう。

そんな気持ちから考察します。

※独自の視点や、考えで、勝手に考察していきます。

 

  1. 占いの種類
  • おみくじ
  • タロットカード
  • ラクルカード
  • トルココーヒー占い
  • 水晶占い
  • 夢占い
  • 四柱推命
  • 手相占い

     

などなど、上げると沢山の占いがあることがわかりますね。

 

  1. 日本での〝占い〟の立ち位置とは?

まず、日本人は多神教無宗教と言われていますね。しかし、日本人は古来より、太陽である日を信仰してきたという歴史があります。

 

遡ること、

卑弥呼のいた時代…

当時より、太陽の光を反射する「鏡」が使われていたと言われていますね。

その根拠として、銅鏡が様々な古跡より、出土しています。

 

そんな、太陽信仰をしていた時代。

農耕民族である弥生人は、田を耕し稲を育て生活していました。その時代は、日照りがちょうど良く、雨が降るのを心待ちにしていたことでしょう。

 

そのような経緯より、農作物を豊作へと導く太陽が信仰されていたと考えられます。その太陽の動きを占ったと言われています(確か)。そうして、権力をつけていったのでしょう。

 

話を元に戻しますと…

太陽の動きを導き出す。占いをすることにより、農業の一年の流れを決めていたと考えます。一年の農作業をするにあたっての流れを、決めるためには占いは必要不可欠なものだったのでしょう。

 

まず、その太陽の動きを占うということが、人でいう一年の運勢を占いすることと似ていると思いませんか?

 

日本でいうと、もっとも人々に広く受け入れられているのが「おみくじ」ではないでしょうか。みなさんもお正月に神社へお参りし、おみくじを引いて、一年の運勢を占うほどポピュラーな行事ですね。

 

 

今回の考察で分かったこと

  1. 占いは「統計で導かれたもの」と、「高次元の存在や世界とのつなぎ役であるタロットカードなどから得られる情報」から導きだされたものとがある。
  2. 卑弥呼は、占いをして、政治的権力を得た。
  3. 日本では占いを非日常的にしている?

 

この三点から、より深く考察していきます。

占いとは何か。を考えていきます。

 

【名言】マザー・テレサ 『あなたの中の最良を』

『あなたの中の最善のものを』

 

人は不合理、非論理、利己的です

気にすることはなく、人を愛しなさい

 

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう

気にすることなく、善を行いなさい

 

目的に達しようとするとき邪魔立てする人に出会うでしょう

気にすることなく、やり遂げなさい

 

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう

気にすることなく、し続けなさい

 

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう

気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

 

あなたが作り上げたものが壊されるでしょう

気にすることなく、助け続けなさい

 

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。けり返されるかもしれません

でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい

 

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず

結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです

あなたと他の人の間であったことは一度もなかったのです

 

マザー・テレサ

君の名は。

美しい情景のなかの古き良き街々と

どこか住み慣れたようで住み慣れない街々

 

彗星。美しい彗星が流れるとされるある日。
彗星の核が分裂し古き良き街いともりは消滅…

 

暮らす場所は違う少年少女

 

その2人が『結び』の契りにより出逢う『かたわれとき』の中で。交差する。2人の時。

 

『君の名前は。』

 

---------------------------------------------------------------

もうね、かわいいよね。

2人も登場人物も可愛らしい!!!

それに!!風景描写も美しくて目を見張りましたよね!!これは秀作ですわ…(T . T)

 

また映画館でみたいと思う作品

【小説】烏に単は似合わない(他ブログの方の紹介)阿部智里

 

『烏に単は似合わない』『烏は主を選ばない』に関して面白い見解をしておられる方のブログを見つけました!ぜひ飛んで見てくださいね(´,,•ω•,,`)

 

アスペルガーヒトリゴト(ブログ)↓

アスペルガーのヒトリゴト 烏に単は似合わない/烏は主を選ばない

新春

新春到来

 

あけましておめでとうございます

旧年中はさまざまな本を読むことができました。そのなかで一番を選べないほど楽しい本ばかりでした。

 

今年もたくさん本などを読み見識を深めて行きたいと思っております!!(*´°`*)

 

本年も何卒宜しくお願い申し上げます!

【小説】空棺の烏(あらすじ・感想①)阿部智里

阿部智里『八咫烏』シリーズ第4弾ここに開幕!!!!

 

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)

〜序章のあらすじ〜

宗家の近衛隊、山内衆(やまうちしゅう)の養成所、勁草院(けいそういん)は、15歳から17歳の男子が「入峰(にゅうぶ)」するところである。その勁草院からこの物語は始まる。

ーーーおい、聞いたか。今年は、とんでもない化け物が入って来るらしいぞ。

そんな噂が駆け巡るもうすぐ新入りが入って来るという当日の朝。化け物とは何か。腕が立つという意味なのか。

「それはわからないが、どうも大貴族の御曹司らしい。今、勁草院にいる誰よりも身分が高いのは明らかだ」

その噂に、納得する面々。

「ここ最近、中央出身の奴らが落ち着かねえと思ったら、それが原因か」

「下手すりゃ自分のお株を奪われちまうもんな」

「下手しなくても、あいつらが今までみたいに威張り散らすのは無理だろうさ」

もとより、身分を笠に着るしか能のなかった連中だ。自分たちより格上の新入りが入って来るとしたら、今度は彼らの方がご機嫌伺いに奔走するようになるだろう。

そんな、仲間たちの会話を、市柳(いちりゅう)は、まにうけずむしろ馬鹿にする始末である。そんな市柳をみた仲間たちは、先輩ぶりたいのであろうと解釈する。

加えて新たな情報「若宮の近習」であるということを耳にした市柳たち。しかし、疑問が生まれる…。なぜ身分が高いのにもかかわらず、その生まれに応じて官位が与えられる『蔭位の制(おんいのせい)』を使わなかったのだろうか。否、腕っぷしを若宮に買われたからでは?という憶測。

大貴族の坊ちゃんで、若宮の近習。

高貴な血筋から、そのまま官位につくことも可能だったのに、あえて勁草院にやって来る新入り。

そのキーワードに市柳はある1人の少年の顔を思い浮かべる。嫌な予感を感じる。ーーーと、いうのも、その少年に、市柳は嫌な記憶しか持ってなかったからである。

 

そんな折、新入りが来たという知らせがはいる。あれあれ、市柳の思った人物ではない。

 

ほっと胸をなでおろす市柳。

 

しかし市柳の嫌な予感は本当のものとなる。

まさかの、その人物が現れたのだ!!!

その人物は、市柳の根城といってもよい自室で共同生活を送ることになったのである。

 

 

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

市柳

なぜ、若宮の近習であった雪哉をここまで嫌っているのだろうか。

 

雪哉

能ある鷹は爪を隠すで生きていたように感じた。しかし、市柳に何をしたのだろうか。という疑問が湧く。

 

茂丸

優しくて、強いイメージ。礼儀正しい。

 

ますほのすすきの弟の情報と雪哉の情報が、混ざり合って入ってきた。そのため、市柳の嫌な予感はより一層嫌な気持ちになるように市柳の願いを裏切る形で設定されたといってもよいのではないだろうか。

 

【小説】黄金の烏(あらすじ・感想)阿部智里

阿部智里『八咫烏』シリーズ第3弾!!!!

 

黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫)

真の金烏とは何ぞや・・・

宗家に伝わる謎・不知火の謎・山内下界外界の

・・・今解き明かされる謎謎謎

 

 

黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫)

黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫)

 

 

 

booktomch.hatenablog.com

 

*本書背表紙のあらすじ*

人間の代わりに「八咫烏」の一族の住まう世界「山内」で、仙人蓋と呼ばれる危険な薬の被害が報告された。その行方を追って旅に出た 日嗣の御子たる若宮と、彼に仕える雪哉は、最北の地で村人たちを襲い、喰らい尽くした大猿を発見する。生存者は、小梅と名乗る少女ただ一人ーーー・八咫烏シリーズ第3弾。    解説・吉田伸子

 

 

*序章のあらすじ*

あたしがそれを手に入れたのは、ほとんど奇跡みたいなものだった

 名前のでてこない女の子「あたし」と自称する湖に面した街の、裏通りにある酒場の、下働き。そのこは、ある日酒場の女主人に貴族たちの住まう区域である山の手へお使いを任せられる。

 「あたし」の住む酒場とは比べ物にならないほどのすばらしい場所、育ちのよさそうな人、使用人でさえ自分の服よりも良いものを着ている。そんな山の手では、身分の差が顕著に表れる場所なのだと痛感する。

 そこで出会った、芍薬と見間違うほどの美少女。その子が落とした美しい蒔絵の書かれた櫛を拾う「あたし」。その櫛をその美少女へ届けた折に与えられたもの、それが、可愛らしい、海棠の花を模した簪であった。

 自分の身分を顧み、それを改善しようと心に誓った矢先、、、。

 自宅に帰った「あたし」を待ち受けていたのは、身売り商の風体の悪い男たちだった。逃げようとした「あたし」は髪の毛を掴まれ無理やり引きずり家の中に。

「大人しくしろ、お前の父親は、もう金を受け取っているんだ」

「潔く諦めな」

「お前は、俺達に買われたんだよ」

戸口から逃げるように去っていく父の姿が目に入り、 あばれ叫ぶ。暴れた際に落ちた花かんざしが、毛むくじゃらの足にぐしゃりとつぶされ、無残に飛び散る簪のかけら。転がっていく海棠の花の花弁にあしらわれていた珊瑚の玉。最後まで見届ける前に、黒い影が覆いかぶさってきた。それ以上は何も見えなくなっていしまった。

転がっていった珊瑚の行方は、今もわからない。

 

ここから始まる数々の問題を解決するために

若宮率いる雪哉たち一行は動き出す。

 

ぜひ読んでみてくださいね!