本のやしろのなかへ

本や漫画小説を読んでいくブログです。伝統文化や興味のある分野の発信も随時行います!よろしくお願いします。It is a blog that will read books and manga novels. We will also send out traditional culture and fields of interest to you at any time! Thank you.

【創作小説】なつかしき空の旅

私は今、どこにあるのだろうか。

カタルシスの影に隠れているその小さな小さな旅のかけらを探しに出かけようではないか。

 

さあ、空の旅に出発だ。

 

------------------------------------------

ここから始まるお話は、手のひらの中のお話です。そしてあなたの心の中のお話です。

------------------------------------------

 

私は、今どこにあるのだろうか。

あそこ?ここ?どこだろう。

 

目が醒めるとすぐに思い出す。気だるげな憂鬱。あの空の彼方から降ってくるようなあの憂鬱。ふと思い出す。あの綺麗な夜空から降ってくるかのような大興奮。綺麗な夜空から。

 

それは。

 

星屑?それとも、流星群?

 

きらりきらりと舞い落ちる。

星のかけら?

 

わたしは、見たのだ。

あの世の中の星を。

 

一面に散りばめたかのような、星屑たちの残り香を。

 

目に映るのまではないって?

いいや、映るんだよ。

 

って、お父さんは言ったんだ。

 

 

お父さん入ったんだよ。あの世の中に。

この世の中にはある不思議な夜空に。

ぼくはおもう。

 

お父さんは星屑を拾いに行ったんだって。

ぼくはおもうんだ。

 

そう。あの、いちめんの、夜空から降って湧くような光の粒を。ひとつひとつ、拾い集めていくんだ。

 

星屑の住民たちはなんて言ったと思う?

 

お父さんは、言った。

 

ぼくは、いっしゅんのひかりだ。と言ったのだ。

 

お父さんは、思うに、ほしぞらのなかに住民はいないんだよ。

 

 

なんてこたあない。ほしくずだからね。

 

きらりきらりと光り輝く粒子みたいなもんさ。

わかるかい?

 

ぼくは、とう。

お父さんは、ほしくずのじゅうにんだって。

 

なんだいそれは、と微笑う父。

 

ほしくずのじゅうにん。

 

星の絨毯を編むんだ。

 

そのため、ほしくずをあつめているんでしょう?

 

お父さんは言う。ははは。

それはそうだな。

 

でもね、効いておくれ、お父さんにそんな力はないんだ。

 

 

お父さんは言う。

そんなことはないんだって。

 

ぼくはとう。

お父さんには不知火を食べる力はあるでしょう。

 

ぼくはみたんだ。

不知火。

 

 

なんだって??

不知火を食べるだって??

 

お父さんは問う。

 

ぼくは、知ってる。

 

 

お父さんには、不知火を食べる力があることを。

 

 

きらりきらりと光る光。あきらかに、あからさまな嘘。

 

 

お父さん、ぼくは知ってるよ。

 

不知火。

 

 

きらりきらきら輝く鉱物。

その中にあるんだって。

 

 

ぼくはしらないよ。

 

ぼくはしらぬ。

 

星屑たちの行進だ。

 

 

きらりきらきらひかるもの。

 

それが不知火なんだ。

 

ぼくは思うんだ。

 

 

さて、手のひらの中のお話はこれでおしまい。

きらきらりん。

 

 

つぎのおはなし

わたしたちは、みんな

命を燃やす

 

 

その光は燃える光は瞬。

 

 

一瞬の隙を突いてくるようなものである

 

 

そう。そのものだ。

 

 

紅をひくそのてを留めて。

千代の山はおもう。

 

千代の山は、山代さん姐さんの妹舞妓だ。

千代の山は、自分の名前を気に入っており、山代さん姐さんを慕っている。

 

千代の山は、この度4月に山代から出てきた。うら若い舞妓のたまごだ。

 

赤い赤い木のイチゴのような唇に、白い雪をまぶしたかの様な白い頬に朱がさす頬をしている。美しくも儚く可愛らしい舞妓、半玉さんだ。

 

つい先日、舞のお師匠さまに、見初められ、舞妓の見習いになることができたのだ。

あついあつい、夏の宵山だった。

 

「あんた、おいどがまだまだだね」

 

そう言われた頃が懐かしい。

そんな舞のお師匠さんも、80になる。

お母さんにも、お師匠さんの声は届いたみたいで、あたしは、晴れて舞妓の見習いになることができたんだ。

 

そんな、あたしは、今は半玉さん。

仕込みをへて、今に至る。

苦しい苦しい仕込みの道を、ひた走り、自分を磨いてきたんだ。

 

 

千代の山は、その名の通り、さざれ石のようにちいさな、石たちのあつまりのこと。

 

 

山代さん姐さんから、教わった。

 

 

お母さんは、同郷の、山代の出身の山代さん姐さんを据えてくれた。

 

わたしは、ここにきて良かったとおもう。

 

f:id:chckncock:20190303040159j:image

【考察】京「舞妓」魅力 ②ー1花かんざし

 

【考察】京の「舞妓」の魅力① - 本のやしろのなかへに引き続き、京都・舞妓の魅力を考察していきますのでよろしくお願いします。

 

舞妓の魅力

  1. 花かんざし(梅、桜、ススキ、など)
  2. 日本髪(おしどり、さっこう、など)
  3. 日本髪付属品(鹿の子、など)
  4. お着物(黒紋付、小紋、浴衣、など)
  5. お着物付属品(ぽっちり、おぼこ、など)
  6. お化粧(薄化粧、白塗り)
  7. お化粧部位(紅、白粉、など)
  8. 小物類(コンパクト、紅容れ、紅筆、ハケ、など)

 

が、物理的に目に見える舞妓の基本的魅力としてあげることができます。

 

この8つの魅力を詳しく見ていきます。

 

 

舞妓魅力1:花かんざし

  • まず一つ目に挙げるとすると、最もポピュラーなものは、かんざしでしょう。
  • かんざしは、最も目に付きやすい舞妓の魅力的な部位。
  • 舞妓年数がどのくらいなのかを見分けることのできるポイントになります。

 

  • 季節によって、モチーフが変わります。

 

  • 1月 正月 睦月
  • 【松竹梅、鶴など】お正月のおめでたい題材を集めたかんざし、
  • 梅松可愛いらしい鶴、稲穂など、賑やかな髪飾り。

 

 

  • 2月 如月
  • 【梅花】
    春の訪れを思わせる季節に。

  • かわいらしい梅花をお散りばめたり
    また節分に楠玉なども飾ります。

 

 

  • 3月 弥生
  • 【菜の花】
  • この季節に綺麗に咲くお花を飾ります。菜の花はこの季節の代表的な存在。
  • 水仙
  • 季節の寒さをやわらげるかのような美しい水仙です。
  • 【牡丹】
  • 見事な花を咲かせ牡丹、この季節にぴったりの花かんざし。花言葉は、高貴・富貴・誠実です。

 

 

  • 4月 卯月
  • 【しだれ桜】
  • 日本の春を代表する桜。舞妓さんが一層かわいらしく華やかに見える髪飾りです。

 

 

  • 5月 皐月

  • 【あやめ・菖蒲】
  • この季節に綺麗に咲くお花です。皐月は旧暦では梅雨の季節。さわやかな色合いで過ごす時期。
  • 【藤】
  • 花穂が垂れ下がる優美な姿、花かんざしの下がりは藤の花がモチーフです。
  • 【あやめ・菖蒲】
  • 旧暦では梅雨の季節です。皐月は別名菖蒲月とも言います。美しい色合いの青です。

 

  • 6月 水無月

  • 【紫陽花・柳】
  • 簪の色合いも青や緑など爽やかな色合いへと変わっていきます。舞妓さんのお衣裳色合いも軽やかに。

 

 

  • 7月 文月

  • 祇園団扇】
  • この季節、街は祇園祭り一色。舞妓さんのお姿も、賑やかな印象に。千年の都、京都の夏の風物詩。
  • 【金魚】
  • すっかり軽やかなお着物になり暑い京都に綺麗な金魚の髪飾り。涼を感じさせてくれるモチーフ。

 

 

  • 8月 葉月

  • 朝顔・すすき】
  • 夏の風物詩は朝顔。旧暦ではすでに秋への入り口、涼しげなすすきのかんざしです。

 

 

  • 9月 長月

  • 【桔梗・萩】
  • 賑やかな夏の季節が終わり、一息つく京都の雰囲気にぴったり。桔梗や萩を飾ります。

 

 

  • 10月 神無月 神在月

  • 【菊】
  • 秋の代表的なお花です。小菊から、大輪の一輪挿しまで、色々な形の菊花を飾ります。

 

 

  • 11月 霜月

  • 【紅葉もみじ】
  • 京都の山々を色鮮やかに染める紅葉。赤と黄色の もみじ、いちょう のかんざし。秋をいっそう華やかなものにします。

 

 

  • 12月 師走

  • 【まねき・餅花】
  • 慌ただしい師走、歌舞伎顔見世にちなんだ招き書きのかんざしです。
  • これにもち花や縁起物を飾った賑やかなデザインです。

 

舞妓さんの花かんざしより引用。

 

 

【考察】京「舞妓」魅力 ② 目次

 

  • 舞妓魅力

 

  1. 花かんざし【考察】京の「舞妓」の魅力②ー1 - 本のやしろのなかへ(梅、桜、ススキ、など)
  2. 日本髪(おしどり、さっこう、など)
  3. 日本髪付属品(鹿の子、など)
  4. お着物(黒紋付、小紋、浴衣、など)
  5. お着物付属品(ぽっちり、おぼこ、など)
  6. お化粧(薄化粧、白塗り)
  7. お化粧部位(紅、白粉、など)
  8. 小物類(コンパクト、紅容れ、紅筆、ハケ、など)

 

【考察】京「舞妓」魅力①

f:id:chckncock:20190216234329j:plain

 ※写真引用

※引用記事

 

 

 

 

 

 

「舞妓」という京都の伝統てきな存在に興味をもつ

きっかけ ① 日本舞踊 藤間流

 

 私は、日本の伝統的な芸術や文化がすきです。

 その伝統文化の中の、日本舞踊に触れたことがきっかけで京都や金沢にいる「舞妓」さんの存在について知りました。

 今回は、舞妓とはの疑問から始まり、舞妓さんの暮らす花街などの魅力までご紹介していきます。

 

 

きっかけ ② 舞妓体験 

 

まず、私は「日本舞踊」、「踊り」を通して、舞妓という舞のプロフェッショナルに憧れを持ちます。その憧れの存在に近づくために、日夜舞妓について書いてあるサイトをめぐります。そこで出会ったのが、『華陽』さん『ペンション祇園』さんでした。華陽さんで初めて舞妓体験をさせていただき、より一層舞妓へのあこがれと興味が増しました。

 

舞妓変身・京都・観光・宿泊なら「舞妓変身処ペンション祇園」へこちらのサイトでは、本格的な舞妓体験の紹介をされています。興味のある方是非チェックしてみるとよいと思います。

 

きっかけ ③ 「舞妓」になりきってみた

伝統技芸*1とおもてなしの担い手「芸舞妓」

京都をつなぐ無形文化遺産

 

 

とあるように、舞妓の伝統技芸とおもてなしの担い手としての存在へ一歩でも近づくことが私の当時の目標であり、夢であったのです。

 なりきるというのも、所作であったり、礼儀作法、雰囲気などを私のイメージの中の舞妓に近づくように動作を気を付けたり、道徳をもったり、言葉に気を付けたりしました。

 

 

  

?question?

 

  • まずをもって舞妓てなに?

 舞という伝統芸術の伝承者であり、おもてなしのプロフェッショナルであるのが芸舞妓です。

 おおよそ、中学卒業くらいの年代~高校卒業くらいまでの年代の娘が「お茶屋さん*2」へ奉公*3にでる形で修行をし、なることが出来るのが舞妓です。

 さまざまな試練(踊り・歌・三味のお師匠さんに一人前として認められること)を乗り越え、「お母さん(置き屋のおかみさん)」から芸名を与えられ、お姉さん舞妓さんと契り(盃を交わす儀式)を結ぶこと、そして、お見せ出しをすることが求められます。

 

 

京・花街の文化 | 京都をつなぐ無形文化遺産で詳しく取り上げられていますのでこちらも見てみてくださいね。

 

 

 

  • 舞妓の暮らす花街てなに?

 花街は京都に「4つ」あります。

 「祇園甲部」「宮川町」「先斗町」「上七軒」がその花街にあたります。

 それぞれ踊りの流派が違います。大きく分けると、藤間流・井上流・若柳流だと思います。

 

 

 

 

ちょっとタイピングに疲れたので、いったんここで休憩です。

次回【考察】京の「舞妓」の魅力②ー1 - 本のやしろのなかへにて、お会いしましょう。

次の回で私の思う舞妓の魅力について触れていきたいと思います!

 

 

よろしくお願いいたします^^

 

 

 

 

 

 

 

*1:芸術に関する伝統的な技術

*2:置き屋さんとも言います。舞妓さんが暮らし芸を磨くために住まうおうちのようなものです

*3:昔でいう出稼ぎ

【考察】占いってなんだろう①

古代から続いている占い。

その占いってなんだろう。

そんな気持ちから考察します。

※独自の視点や、考えで、勝手に考察していきます。

 

  1. 占いの種類
  • おみくじ
  • タロットカード
  • ラクルカード
  • トルココーヒー占い
  • 水晶占い
  • 夢占い
  • 四柱推命
  • 手相占い

     

などなど、上げると沢山の占いがあることがわかりますね。

 

  1. 日本での〝占い〟の立ち位置とは?

まず、日本人は多神教無宗教と言われていますね。しかし、日本人は古来より、太陽である日を信仰してきたという歴史があります。

 

遡ること、

卑弥呼のいた時代…

当時より、太陽の光を反射する「鏡」が使われていたと言われていますね。

その根拠として、銅鏡が様々な古跡より、出土しています。

 

そんな、太陽信仰をしていた時代。

農耕民族である弥生人は、田を耕し稲を育て生活していました。その時代は、日照りがちょうど良く、雨が降るのを心待ちにしていたことでしょう。

 

そのような経緯より、農作物を豊作へと導く太陽が信仰されていたと考えられます。その太陽の動きを占ったと言われています(確か)。そうして、権力をつけていったのでしょう。

 

話を元に戻しますと…

太陽の動きを導き出す。占いをすることにより、農業の一年の流れを決めていたと考えます。一年の農作業をするにあたっての流れを、決めるためには占いは必要不可欠なものだったのでしょう。

 

まず、その太陽の動きを占うということが、人でいう一年の運勢を占いすることと似ていると思いませんか?

 

日本でいうと、もっとも人々に広く受け入れられているのが「おみくじ」ではないでしょうか。みなさんもお正月に神社へお参りし、おみくじを引いて、一年の運勢を占うほどポピュラーな行事ですね。

 

 

今回の考察で分かったこと

  1. 占いは「統計で導かれたもの」と、「高次元の存在や世界とのつなぎ役であるタロットカードなどから得られる情報」から導きだされたものとがある。
  2. 卑弥呼は、占いをして、政治的権力を得た。
  3. 日本では占いを非日常的にしている?

 

この三点から、より深く考察していきます。

占いとは何か。を考えていきます。

 

【名言】マザー・テレサ 『あなたの中の最良を』

『あなたの中の最善のものを』

 

人は不合理、非論理、利己的です

気にすることはなく、人を愛しなさい

 

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう

気にすることなく、善を行いなさい

 

目的に達しようとするとき邪魔立てする人に出会うでしょう

気にすることなく、やり遂げなさい

 

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう

気にすることなく、し続けなさい

 

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう

気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

 

あなたが作り上げたものが壊されるでしょう

気にすることなく、助け続けなさい

 

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。けり返されるかもしれません

でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい

 

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず

結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです

あなたと他の人の間であったことは一度もなかったのです

 

マザー・テレサ